いぼが気になったら悪化する前に病院で治療を受けよう!

病院でやっている治療

女性

病院で受けられる治療方法

いぼを安全に除去するのなら、皮膚科や美容外科で治療を受けるのが1番です。いぼの治療方法も増えてきましたので、自分に合った治療方法を選択する事ができます。いぼの状態によっては、医師から適切な治療方法を提案される事もあります。では、病院ではどんな治療方法を行っているのでしょうか?人気がある治療方法がレーザー治療です。炭酸ガスレーザーを使用して、いぼを取り除いてくれます。レーザー治療の利点は、出血や痛みが少ないところです。いぼができる原因となる根っこ部分まで除去してくれるので、いぼが再発する心配はありません。レーザー治療をするといぼを除去した部位が少しへこみますが、1週間ぐらいで目立たくなくなりますので、傷跡も残りにくいです。確実にいぼを取り除いてくれるので、一度の治療で完治できます。ただし、レーザー治療を受ける前に注意をしないといけないのが費用です。レーザー治療は他の治療費よりも少し高く、保険がききません。病院によって料金に違いますので、カウンセリングの際は治療にかかる料金を確認しておいた方が良いでしょう。どんないぼのタイプでもほとんど除去できますので、痛いのが苦手で早めにいぼを除去したい方にはおすすめですよ。いぼ治療の中には保険が適用されるものもあります。それが切除手術と液体窒素です。切除手術は、メスを使用していぼを切り取ります。
いぼを丸ごと除去するので、レーザー治療と違い、痛みや出血が伴います。しかし、麻酔を使用して手術は行われるので、予め医師に相談しておくと麻酔で痛みを抑える事ができます。施術後は傷跡が残りやすく、アフターケアをする必要がありますが、こちらも確実にいぼを除去できるので、一度の手術で完治できる事が多いです。保険が適用されるので、費用を抑えながらいぼを除去する事ができます。液体窒素は切除手術と同じく昔からある治療方法です。マイナス196度の窒素をいぼがある部分に当てる事で、低温やけど状態にしていぼの細胞を壊死していきます。いぼの細胞が破壊されるといぼが取りやすくなって、再発も防いでくれます。リーズナブルな価格でいぼを除去してくれますが、小さすぎるいぼの治療には向いていません。小さいいぼだと液体窒素が当たりにくく、皮膚に低温やけどを起こすので、痛みが伴います。人によっては色素沈着を起こす事もありますので、皮膚を傷つけたくない方は他の方法でいぼを除去した方が良いでしょう。何度も液体窒素を当てる事でいぼを除去していくので、完治するまで時間がかかるのも液体窒素の特徴です。しかし、液体窒素は症例数が多く、他の病気の治療にも使用されているので、いぼを綺麗に除去してくれます。病院で行われるいぼの治療方法にはそれぞれメリットとデメリットがありますので、治療方法を理解した上で、自分にどんな治療方法が合っているのか判断しましょう。

Copyright© 2019 いぼが気になったら悪化する前に病院で治療を受けよう! All Rights Reserved.